私は高校卒業後、ひとつの会社で10年間会社勤めをしました。
ちょうど就職氷河期と言われた厳しい就職戦線の時代でしたが、人の巡り合わせもあり自分が志望していた業種に就職することができ、入社後もちょっとずつだがやりがいのある仕事を任されるようになり、かなり充実していた会社人生を送っていたと思います。

その一方でアラサ―を目前にしてずっと同じ会社で働き続けることで自分の視野は狭まっていないだろうか?これが幸せな人生というものなのだろうか?という気持ちが湧いてきました。
役職も主任を任されるようになり仕事の責任は重くなるが、ずっと同じ仕事をし続けることが幸せな人生なのだろうかと自問自答するようになりました。
アラサ―は転職年齢の上限とも言われていたので、同世代の人たちであれば、ちょうどこのぐらいの年齢の頃に同じようなことを考える人はたくさんいるような気がします。

私の長所でもあるし短所でもあると思うのですが、仕事は基本的に大好きなのですが、その仕事に慣れてしまうと飽きてしまいモチベーションの低下がでてくるのです。
私見ですが、「石の上にも3年」ともいうことわざがあるように3年間本気で努力すれば、たいていの仕事は誰でもマスターできるようになると思っています。
同じ仕事を続けることで悪い意味で慣れてしまい、仕事へのやる気が低下してしまうという人達は私以外にもかなりたくさんいると思っています。
新しい仕事や変化のある仕事こそ自分を発奮させ、成長させる薬となるという気持ちがどんどん高くなっていきました。

こうして30歳を目前にして仕事に対するモチベーションが低下してきた頃に「このまま同じ会社で働いていては成長できない。もっとやれることがあるのでは?」と感じ、勤務先は大きな会社だったので社内にはたくさんの部署があったので、配属の変更希望を考えるようになりました。
どうせ異動できるのなら同じ社内でもまったく違う職種で0から働くか、ヨーロッパやアメリカなど国外で仕事がしたくて、他部署への移動や海外支店への人事異動を希望したのですが、残念なことにその希望は却下されてしまいました。
そうして、仕事への意欲が低下していく一方で、異業種交流会で知り合った人の影響もあり起業にチャレンジしたいという気持ちが日に日に強くなり、友人や家族の大反対を押し切ってその会社を退職し、独立を志すことにしました。

起業を考えているということは退職する時には同僚や友人には一言も言いませんでしたが、辞めるからには絶対に起業するという気持ちを持っていました。
とは言っても、その段階では起業する資金もプランなく、漠然と起業したいという勢いでやめてしまったところは大きかったかもしれません。
しかし、ひとつの会社で同じ仕事しかしていないと、その業界のコアな部分の仕事のノウハウはあっても全体を見る力はなかったので、同じ業種での起業は考えていませんでした。
一般的には経験してきた仕事での起業が経験も活かせ有利な選択肢となるのかもしれませんが、同じ仕事での独立を考えるぐらいなら会社を辞めずにずっと働いていたと思います。
そこで、将来の独立を視野に入れて、視野を広げる意味で口コミなどを参考に、まずは色々な業界を見てみようと思い、いくつかの会社を転職することにしたのです。
飲食店、風俗店、不動産、広告代理店…とにかく色々な仕事をお仕事掲示板や風俗(デリヘル)口コミサイトなどでリサーチしました。